相続に必要な手続きや期限はあるの?

相続について早めに調べておこう

スムーズに手続きを進めよう

絶対に、遺産を受け継がなければいけないわけではありません。 どのくらいの遺産や負債があるのか知り、マイナスが多いなら相続放棄をしても良いと思います。 しかしその場合も、手続きを済ませなければいけません。 事前に相続する時について知ると、手続きが簡単に進みます。

納税しなければいけない

被相続人の所得税を納めたり、自分の相続税を納めたりと、遺産を受け継ぐと税金を納める必要があります。 それも期限が決まっていますし、期限を過ぎるとデメリットが多くなるので注意しましょう。 余計な出費が増えるので、納税は必ず期限内に終わらせてください。

よく考えて手続きを行う

様々な手続きがあるので、種類をまずは知ってください。
そして期限は、被相続人が亡くなった日にから数か月以内だと覚えておきましょう。
相続放棄と限定承認は、相続すると知った日から3か月以内に手続きを済ませてください。
遺産を相続したくない場合は、相続放棄を選択するのがおすすめです。
必ずしも遺産は、プラスになるとは限りません。
中にはデメリットが多い遺産もあるので、その場合は無理に相続しなくても良いと思います。
自分が損をしないよう、考えましょう。

また被相続人が所得税を納めなければならない人であったら、相続人が手続きを行いましょう。
早めに、確定申告の必要性を調べておいてください。
そしてこの確定申告を、準確定申告と呼んでいます。
準確定申告は、自分が遺産を相続すると知った日の翌日から、4か月以内に済ませると決まっています。
さらに遺産を相続したら、相続税を納めなければいけません。
これが遅れると、延滞税といって余分に納税しなければいけなかったり、税金の軽減制度を利用できなくなったりするので気を付けましょう。

遺産の手続きをする際は、遺言書があるか探してください。
遺言書があれば、その通りに従って遺産を分配すれば良いので、トラブルが起こらないと思います。
しかし遺言書がない時や、あっても揉めそうな時、また相続税についてわからない時は、税理士に相談することをおすすめします。
税理士は詳しい知識を持っているので、サポートしてくれます。

どのように遺産を分配するのか

もし遺言書があるなら、遺産の分配がかなり簡単になります。 しかし遺言書がないと、遺された者たちで話し合わなければいけないので、時間が掛かったりトラブルが起こったりします。 トラブルを防ぐためには、税理士などの専門家を話し合いに交えるのが良い方法です。

TOPへ戻る